条件に合ったタクシー会社に転職!【中高年から高齢者に人気】

免許取得を支援します

タクシー

処遇面は向上しています

タクシー求人は売り手市場になっており、タクシー会社は人手不足に苦労しています。少子化、高齢化によって労働人口が減少していますが、タクシー求人は必ずしも人気がある職種とは言えません。二種免許が必要になるのはもちろんですが、低賃金で長時間労働をさせられるイメージがある上に、歩合制の側面もあるからです。タクシー求人ではそのイメージの払拭に腐心しています。二種免除の取得に関する費用を就職することを前提に支援するタクシー会社が増加しています。ただし、一定の期間は原則として離職しないことを支援の条件にする場合もあります。タクシー求人で工夫されているのは、労働時間の短縮です。土日に勤務することがあるのは当然として、更には深夜や早朝に勤務する場合もありますが、労働時間の合計が多くならないようにシフト勤務が徹底されています。運賃の金額によって歩合制になる側面はありますが、固定給の割合を増加することによって、安定した賃金が得られるように工夫しています。タクシー求人では年齢に関しても柔軟に対応しています。高齢ドライバーの事故が社会問題になっていますので、人を乗せて運行するタクシーでは、乗客が運転手が高齢である場合に不安になる場合もあります。したがって、大手のタクシー会社は運転手の定年を設けていますが、その年齢は70歳程度になっています。そのため、一般的に65歳定年などの企業が多い世の中で、65歳以上であっても採用するタクシー会社が多くなっています。

Copyright© 2018 条件に合ったタクシー会社に転職!【中高年から高齢者に人気】 All Rights Reserved.